グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は3日続落。中国民生銀行の新規株式公開(IP O)で、3月来の上昇で割高になっている既存株から資金が流れると の観測が背景。

株価純資産倍率(PBR)が3.3倍となっている中国工商銀行 (ICBC、1398 HK)は2.4%安。PBR2.3倍の中国銀行 (3988 HK)は2.1%下げた。事情に詳しい複数の関係者によると 民生銀のIPO価格はPBR1.77倍の水準で決まった。

電池生産などを手掛ける中策集団(235 HK)は、台湾の生命保 険会社、南山人寿保険の買収に向けた申請が台湾当局によって却下さ れたとの報道を材料に7.8%下げた。

ハンセン指数は前日比197.17ポイント(0.9%)安の

22643.16。3日間での下げは1.3%となった。ハンセン中国企業株 (H株)指数は前日比1.6%安の13470.98。

関係者によると、民生銀のIPO価格は9.08香港ドル。総額は 301億香港ドルとなり、同市場では2007年4月以来の大型IPO。 同行株は26日に上場する。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数が5営業日続伸した。冬季の 燃料需要の増加を受けてエネルギー関連株が上昇。中国政府が電力小 売価格を「直ちに」引き上げる可能性があると上海証券報が報じたこ とも手掛かりとなった。

国内石油最大手のペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は

1.1%高。天然ガスの供給が過去最高になっていることが好感された。 同国北東部でガスを供給する長春燃気(600333 CH)は、前日に続 き値幅制限いっぱいの10%高。華能国際電力(600011 CH)は

1.8%上昇した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前日比17.38ポイント(0.5%)高の

3320.61と、8月6日以来の高値で終了。5営業日で4.7%の上昇 となった。同指数の株価収益率(PER)は35.21倍で、昨年の最 低からほぼ3倍となっている。

上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は前日 比0.3%高の3642.44。

精熙投資管理のファンドマネジャー、王征氏(上海在勤)は「中 国が冬本番を迎える中、現在のテーマ別投資ではエネルギー株が依然 として最も妙味がある」と語った。

【インド株式市況】

インド株式相場は続落し、2週間余りで最大の下げとなった。イ ンド市場への資金流入が通貨ルピーを押し上げ、輸出業者の競争力を 弱めるとの懸念を背景に売りが膨らんだ。

ソフトウエア輸出でインド2位のインフォシス・テクノロジーズ は1%下げた。同国の情報技術(IT)関連企業は、利益の少なくと も40%を米市場から得ている。不動産開発で国内2位のユニテック が5.3%下げたほか、最大手のDFLは3.7%下落した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

213.13ポイント(1.3%)安の16785.65で引けた。下げ幅は3日 以降で最大。

インフォシス(INFO IN)の終値は2409.95ルピー。ユニテッ ク(UT IN)は81.65ルピー、DLF(DLFU IN)は366.25ルピ ーで終了した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比10.2ポイント(0.2%)高の4749.2。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比16.57ポイント(1%)高の

1620.54。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比6.71ポイント(0.1%)安の7759.98。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比13.75ポイント(0.5%)高の2758.79。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比1.55ポイン ト(0.1%)高の1276.65。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比6.84ポイント(1%)安の700.42。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比15.44ポイント(0.6%)安の

2468.79。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比30.69ポイント(1%)高の

3083.30。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE