今日の国内市況:日経4カ月ぶり安値、超長期債が堅調-ドルと円上昇

東京株式相場は続落。日経平均株 価が4カ月ぶり安値をつけた。増資による1株利益の希薄化が懸念され た三菱UFJフィナンシャル・グループをはじめ、銀行や証券株が総崩 れ。為替の円高や景気の先行きに対する根強い懸念もあり、輸出関連株 の下げも大きくなった。

日経平均株価の終値は前日比127円33銭(1.3%)安の9549円47 銭と3日続落。心理的節目で、7月17日以来となる9500円を一時割り 込んだ。TOPIXは12.35ポイント(1.5%)安の837.71と7日連続 安。東証1部33業種のTOPIXへの下落寄与度1位は銀行で、電気 機器と輸送用機器が続いた。

三菱UFJが最大1兆円を調達する新株式の発行計画を正式発表し たが、悪材料出尽くしとはならなかった。朝方こそ小動きで始まったも のの、その後はじり安展開。きのう7月安値を割り込んだTOPIXに 続き、日経平均も当面の下値めどと見られていた10月6日の安値 (9628円)を下抜けたことで、株価低迷が続くとして好業績銘柄にま で換金売りが出たと指摘された。

輸出関連株の下げもきつい。米セントルイス連銀のブラード総裁は 18 日、米金融当局が利上げを開始するのは2012年初め以降になるかも しれないとの見方を示唆。円高圧力が12年まで続きかねないことから、 輸出関連は業績の上方修正期待が高まりにくいとみられた。

東証1部の売買高は概算25億5825万株、売買代金は同1兆4866 億円。値上がり銘柄数は482、値下がり銘柄数は1070。

個別では、創業60周年記念キャンペーンは粗利にはポジティブで ないとし、JPモルガン証券が「アンダーウエート」を強調したファー ストリテイリングが急落。三菱レイヨン買収で最終合意し、買収に伴う 資金調達懸念が高まった三菱ケミカルホールディングスは8カ月ぶりに 上場来安値を更新した。政府税制調査会による租税特別措置の見直し対 象にナフサ免税も加わる可能性があるとし、クレディ・スイス証券が 「アンダーパフォーム」を強調した三井化学も大幅安。

一方、米メリルリンチが実施した投資家調査によると、今後1年間 に日本株をオーバーウエートしたい投資家(アンダーウエートを引いた ネット)は、10月のマイナス20%から11月はマイナス27%と、弱気度 合いが2002年11月の水準まで高まった。

全般は依然として売り優勢ながら、東証1部売買代金上位ではオリ ックスやジーエス・ユアサ コーポレーションが取引終了にかけて高く なるなど、先行して下げていた銘柄の一角には下げ止まりの兆しが出て いる。新興3市場でも午後にはミクシィがプラスに急浮上するなど、大 きく値を戻す銘柄が相次いだ。

三菱ケミHによる買収で株式公開買い付け(TOB)価格380円が 意識された三菱レは、ストップ高(制限値幅いっぱいの上昇)で東証1 部の値上がり率1位。シティグループ証券が投資判断を「中立」へ引き 上げたアイフルは同2位と急伸した。増資による資金調達額が最大126 億円(従来182億円)に減少する見通しと発表した曙ブレーキ工業は8 日ぶり大幅反発。

超長期債堅調-20年入札順調受け

債券市場で超長期債相場が堅調(利回りは低下)。朝方は売りが優 勢だったが、午後に発表された20年債の入札結果が順調となったこと から、買い安心感が広がった。新発10年債利回りは一時1.29%と約1 カ月ぶり低水準をつける場面もあった。

現物債市場では、20年債入札結果を受けて期間の長いゾーンが買 われた。新発20年物の113回債利回りは一時1.5ベーシスポイント (bp)低い2.035%、新発30年債利回りは3bp低い2.185%まで低下し た。

新発10年物の303回債利回りは前日比1bp高い1.31%で始まった 後、若干上げ幅を縮小し、0.5bp高い1.305%をつけた。午後に入り、 順調な入札結果を好感すると水準を切り下げ、1bp低い1.29%まで低 下した。新発10年債としては、10月14日以来の低水準。その後は売 りも出ており、前日比変わらずの1.30%で推移した。

一方、東京先物市場の中心限月12月物は小幅反落。前日比8銭安 の139円22銭で始まった後、すぐに14銭安い139円16銭まで下落し た。その後は徐々に値を戻し、午後に入ってプラスに転じて、一時は 11銭高の139円41銭まで上昇した。しかし、終了にかけて再び売りが 出て、結局は5銭安の139円24銭で終了した。

財務省が実施した表面利率(クーポン)2.1%の20年利付国債 (113回債、11月発行)の入札結果は、最低価格が100円50銭(最高 利回り2.064%)、平均落札価格は100円58銭(平均利回り2.058%) となった。

最低価格は事前予想の100円45銭を上回り、最低と平均価格の格 差(テール)は前回の18銭から8銭に縮小した。また、応札倍率は

3.11倍と前回債の3.02倍から上昇した。

ドルと円が上昇

東京外国為替市場では、ドルと円の買い戻しが進む展開となった。 金先物相場が5営業日ぶりに反落するなど、リスク資産圧縮の動きが警 戒されて、ドルと円に資金を戻す動きにつながった。

円は主要16通貨に対して全面高の展開となった。対ユーロでは一 時1ユーロ=132円80銭と、前日のニューヨーク時間午後遅くに付け た133円64銭から水準を切り上げている。ドル・円相場は円買いがや や優勢となり、一時1ドル=89円3銭をつけたものの、ニューヨーク 時間午後遅くの89円32銭に比べて小動きにとどまった。

また、海外投資家の決算を控えて、リスク資産圧縮に伴うドルの買 い戻しが出やすい面もあり、ドルは主要16通貨中、円以外の15通貨に 対して上昇。ユーロ・ドル相場は一時1ユーロ=1.4904ドルと、ニュ ーヨーク時間午後遅くの1.4963ドルからドルが値を戻している。

ニューヨーク金先物相場は前日の海外市場で過去最高値を記録して いたが、アジア時間の取引では、5営業日ぶりに反落。金先物相場の相 対力指数(RSI、14日ベース)は70を上回っており、買いの過熱感 が示されている。

一方、米セントルイス連銀のブラード総裁は18日にセントルイス で行った講演で、「過去2回のリセッション(景気後退)を見ると、い ずれの場合も連邦公開市場委員会(FOMC)は金融引き締めを開始す るまでに、2年半から3年の間を置いた」としたうえで、「これを指標 とするならば、次の引き締め開始は2012年前半になる」と語った。

英国銀行協会(BBA)によると、3カ月物ドル建てロンドン銀行 間取引金利(LIBOR)は前日に0.27%を割り込んで、過去最低水 準を更新している。

この日はダラス連銀のフィッシャー総裁やフィラデルフィア連銀の プロッサー総裁が講演する予定で、市場では、引き続き低金利策の長期 化観測が警戒されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE