中国の粗鋼生産:需要の伸び上回る見通し、輸出増加か-CISA

中国鋼鉄工業協会(CISA) によると、中国の粗鋼生産は今年、需要の伸びを上回る見通しで、 11-12月に輸出増加につながる可能性がある。同国は世界最大の鉄 鋼生産・消費国。

CISAの羅冰生副会長は19日、北京で開かれた会議で、粗鋼 生産が予想を上回る5億6500万トンに達する一方、需要は18%増の 5億4900万トンにとどまるとの見通しを示した。CISAは3日時 点で、今年の生産が10%増の5億5000万トンになると予想していた。

中国の鉄鋼供給の増加は価格下落や輸出拡大につながり、新日本 製鉄などアジア地域の鉄鋼各社との競争が激化するとの見方が強まっ ており、羅副会長のコメントはこの見方を裏付けている。

羅副会長は「鉄鋼業界の生産能力が過剰になっているため在庫が 積み上がり、年末にかけて鉄鋼価格の下落リスクが高まりそうだ」と 指摘。中国の今年の粗鋼純輸出高が120万トンとなる可能性がある との見方を示した。1-10月は39万3400トンの純輸入だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE