藤井財務相:長期金利が下がりつつあることは非常にいい

藤井裕久財務相は19日午後の参 院財政金融委員会で、長期金利の動向について「下がりつつあること は非常にいい状況だ」との認識を示した。

その一方で、今月10日に一時1.485%まで上昇した最近の金利上 昇は「経済が良くなるから金利が上昇したのではない。非常に注意し ていかなければならない」と述べた。自民党の愛知治郎氏に対する答 弁。

藤井財務相は、金利上昇に伴う問題点については民間格付け会社 による日本国債の格付け見直しや住宅ローンなど貸付金利の上昇など の「マイナス面が多い」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE