T&D:4-9月純利益は4倍の144億円、有価証券売却益などが寄与

T&Dホールディングスが19日に発 表した2009年4-9月期の連結純利益は、前年同期比4倍の144億円と なった。保険本業からの収益を示す基礎利益や、有価証券売却益の増加 が寄与した。通期純利益は180億円を見込む。

4-9月期の新契約高は大同生命、太陽生命、T&Dフィナンシャ ル生命の3社合計で同5.8%増の3兆1423億円。保険料等収入は同5% 増の8945億円。保険本業からの収益を示す基礎利益は4.8%増の672億 円、逆ざや額は329億円だった。保有契約高は0.6%減の57兆7291億円。

同社は13日から1年以内に普通株式の新規発行で最大1200億円を 調達するための発行登録をしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE