独VW、DAX指数から除外も-カタールがオプション行使の場合

カタールが欧州最大の自動車メー カー、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)の株式オプションを行使 した場合、VWは同国のDAX指数から除外される可能性がある。一 方、建材メーカーのハイデルベルクセメントが同指数に採用される公 算が大きくなっている。ウニクレディト・マーケッツ・アンド・イン ベストメント・バンキングとDZ銀行が指摘した。

ウニクレディトの指数担当シニアストラテジスト、クリスチャン・ ストッカー氏(ミュンヘン在勤)は電話インタビューで、「VWの普通 株は浮動株比率が10%未満に低下する見通しであることから、12月、 恐らく12月中旬にDAX指数から除外されなければならないだろう」 と指摘した。

カタールは今年、VW普通株17%を購入できるオプションを高級 スポーツ車メーカーの独ポルシェから取得した。VW株5010万株すべ てのオプションが行使された場合、浮動株比率は9.9%に低下し、D AX指数の構成銘柄に求められる基準(10%)を下回ることになる。

クレディ・スイス・グループとゴールドマン・サックス・グルー プは10日、カタールが権利を保有するVW株2500万株を、オプショ ン契約を通じて1株当たり60ユーロで売却したことを明らかにして いる。

DZ銀行の株式ストラテジスト、クリスチャン・カーラー氏(フ ランクフルト在勤)は、カタールが残る2500万株を購入するオプショ ンを行使する可能性が高いと予測した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE