与党:金融法案の採決強行、政権交代後初、野党は反発-共同通信

共同通信は19日、衆院財務金融委員 会が同日午後、金融機関に返済猶予などを促す中小企業金融円滑化法案 を自民、公明両党欠席のまま採決に踏み切り、与党の賛成多数で可決し たと報じた。政権交代後、初めての採決強行。民主党は同日午後の本会 議に緊急上程し、与党の賛成多数で可決する見通しだと共同は伝えてい る。

報道によると、自民、公明両党は民主党の採決方針に反発し、同日 午前の参考人質疑を欠席。自民党は玄葉光一郎財務金融委員長(民主 党)の解任決議案を提出し、国会は一気に緊迫した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE