UBS投資銀行部門のケンジェター共同CEO、債券トップ職は委譲へ

スイスの銀行最大手、UBSの 投資銀行部門のカーステン・ケンジェター共同最高経営責任者(CE O、42)は同職に重点を置くため、兼任する債券・通貨・商品部門の 責任者の座を来年早々に手放す可能性がある。事情に詳しい関係者2 人が明らかにした。

情報が公表されていないことを理由に1人の関係者が匿名を条件 に語ったところによると、ケンジェター氏は同役職を債券・通貨・商 品部門の共同責任者であるジェフリー・マイヤー氏(50)に委ねる。 UBS関係者はコメントを控えた。

UBSは17日、3-5年以内に年間の税引き前利益を150億ス イス・フラン(約1兆3200億円)とする目標を発表した。

サンフォード・C・バーンスティーンのロンドン在勤アナリスト、 ディルク・ホフマンベッキング氏は18日付のメモで「投資銀行部門 の回復は、市場全体の収入が急減している外国為替と金利、信用取引 の大幅拡大を前提としている」と指摘。「当社が試算する投資銀行部門 の短・中期的な収益と営業損益は、UBSが掲げる目標を下回ってい る」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE