英中銀のバーカー氏:資産買い取り枠拡大、金利上昇示唆していない

イングランド銀行(英中央銀行) 金融政策委員会(MPC)のケイト・バーカー委員は英紙シュロップ シャー・スターとのインタビューで、英中銀が今月、資産買い取りプ ログラムの規模拡大を決めたことについて、近い将来に金利が上昇す ることを示唆するものではないと述べた。同紙(オンライン版)が18 日報じた。

バーカー委員は「資産買い取り枠の250億ポンド(約3兆7000 億円)拡大を数週間前に発表したが、それはわれわれが目先、英国経 済を刺激する措置を続行する考えであることを示唆している」と説明。 「金利が将来上昇することを示唆するものではない。しかし、それ以 上言うのは難しい」と語った。

同委員は、資産買い取りプログラムは「景気支援に大いに役立っ ており、金利を低水準に抑え、資産価格押し上げや信頼感の維持にも 貢献した」としながらも、金融機関はなお融資に慎重だと付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE