上院医療改革法案、10年で赤字1270億ドル削減-CBO試算

米上院のリード院内総務(民主、 ネバダ州)の側近は18日、米議会予算局(CBO)が上院の医療保険 制度改革法案について、成立すれば財政赤字の削減につながると試算 していることを明らかにした。上院は法案通過に必要とされる強力な 支援を得たことになる。

側近によれば、医療保険制度の40年ぶり大改革となる同法案が成 立すれば、財政赤字は最初の10年間で1270億ドル(約11兆3000億 円)減少する見通し。これはオバマ大統領が掲げる基準を満たすもの で、リード院内総務は上院本会議での審議開始に向けて、早ければ21 日の採決を目指すことが可能になる。

上院の厚生教育労働年金委員会のトム・ハーキン委員長(民主、 アイオワ州)は記者団に対し、「われわれはより良い医療保険を手にし、 コストは政府が全額負担する。その上、財政赤字も減らせる。米国に とって好ましい内容だ」と述べた。

リード院内総務の側近の話では、法案成立の場合、医療保険に新 たに3100万人が加わり、加入者は米国民の94%に達することになる。 コストは10年間で8490億ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE