加マニュライフ、最大2400億円の増資計画-買収に充当も

時価総額で北米最大の保険会社、 カナダのマニュライフ・ファイナンシャルは18日、最大で28億8000 万カナダ・ドル(約2400億円)の増資を計画していると発表した。資 本増強や将来の買収原資の確保が狙い。

発表文によると、マニュライフは1株当たり19カナダ・ドルでの 株式発行で合意。今回の増資によって、同社の資本水準は約10年前の 株式公開以後で最大となる。

ドナルド・グロイオン最高経営責任者(CEO)はインタビュー で、「株式市場や金利、与信の逆境に備える緩衝材の増強につながる」 と指摘。「さらに、多くの買収案件や成長発展を追求する機会と柔軟 性が得られる」と説明した。

5月に就任したグロイオンCEOは、マニュライフが株価下落か ら身を守れるほどの「強固な資本」を必要としていると述べていた。 同社は昨年12月、最大22億8000万カナダ・ドルを調達。当時CEO だったドミニク・ダレサンドロ氏は、第2弾の資本調達について、そ の「可能性は低い」と説明していた。

マニュライフが5日発表した2009年7-9月(第3四半期)決算 の損益は1億7200万カナダ・ドルの赤字。赤字となったのは過去4四 半期で3回目。8月には株式公開後初めて配当を5割減額した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE