【コラム】ゴールドマンの「贖罪」に誰が納得するのか-Mギルバート

ロイド・ブランクフェイン最高 経営責任者(CEO)が「神の仕事」だと言う業務での失態について の良心の呵責(かしゃく)から逃れるため、ゴールドマン・サックス・ グループが幾ら払う気があるのかが明らかになった。信用危機発生に 演じた役割の代償として、ゴールドマンが支払うのは5億ドル(約450 億円)で済むらしい。

同社は17日、「中小企業1万社イニシアチブ」と銘打ったプログ ラムを設定すると発表した。企業主を指導する教育機関の支援に2億 ドルを、コミュニティ開発グループ向けの融資や慈善事業にさらに3 億ドルを出資するという。ゴールドマン筆頭株主であるバークシャ ー・ハサウェイを率いるウォーレン・バフェット氏もこのイニシアチ ブに参加する。

一見して気前の良いこの行動については、次のような見方もでき る。ゴールドマンは従業員にボーナスを支払うために1-9月で167 億ドルを用意した。これは従業員1人当たり52万7190ドルとなる。

この数字に基づけば、ゴールドマンが支援しようとする中小企業 1万社は、ゴールドマンの従業員約1000人と同じ価値だということだ。 あるいは、ゴールドマン従業員1人は中小企業10社分の貢献を社会に していると見なされているとも言える。

ゴールドマンが従業員から搾り出すことで知られている著しく高 い労働生産性をもってしても、これはなかなか厳しい。1人のバンカ ーが会社10社に相当する働きをするというような考えこそが、われわ れを今回の危機に陥れた元凶ではないだろうか。金融は不当に持ち上 げられ、実体経済に対してサービスを提供する手段であることを忘れ、 それ自体が目的になってしまった。

もう引っ掛からない

一般の人々はこんな茶番にはもう引っ掛からないだろう。金融業 界は何年もの間、自らのリスクテーク活動から注意をそらすために慈 善活動をひけらかしてきた。税控除対象の慈善活動などではもう、信 用危機のおかげで退職年金基金がすっかり目減りしてしまった国民を なだめることなどできない。今年初めからの相場上昇の後でさえも、 世界の主要株式市場の時価総額は45兆ドル弱で、米サブプライム(信 用力の低い個人向け)住宅ローン市場崩壊が世界経済を台無しにする 前の07年末に付けたピークの約62兆ドルから目減りしている。

ブランクフェインCEOの17日の謝罪の弁は、見掛け倒しの慈善 よりも価値があるかもしれない。同CEOは「ディレクターシップ」 という雑誌が主催したニューヨークでの会議で、「われわれは明らか に間違ったことに関与した。遺憾に思う理由があり、それについて謝 罪する」と述べた。金融機関のCEOたちが、遅過ぎたとはいえ、錬 金術のような証券を見境もなく販売した行為を二度と繰り返してはな らないということに本当に気付いてくれたなら、結構なことだ。

「今年のCEO」

しかしながら、もし同CEOが同誌によって「今年の最優秀CE O」に選ばれていなかったら、謝罪はもう少し誠意あるもののように 響いたことだろう。大金持ちが銀行経営者たちを褒めそやす風潮は、 彼らの行動がもたらした事態によって弱まりはしたが、消滅はしなか った。

ブランクフェイン氏の勤務先がゴールドマン以外の会社だったな ら、恐らく今ごろは失業していただろう。バンカーは「神の仕事」を しているという同氏が英紙サンデー・タイムズに語った言葉は、何と も不用意な発言だった。

どんなに多くの慈善事業に寄付をしても、ゴールドマンはローリ ング・ストーン誌のコラムニスト、マット・タイビ氏に今年付けられ たあだ名を返上することはできなさそうだ。同氏はゴールドマンにつ いて、「人類の顔にまとわりついた巨大な吸血コウモリダコ。カネの 匂いのするあらゆるものに容赦なく吸血触手を伸ばしている」と書い た。ゴールドマンとその同業者らは、形ばかりの善行でニュースの見 出しを飾り負のイメージを払拭(ふっしょく)しようとするよりも、 じっくりと時間をかけて謙虚さと悔恨の情を示した方がいい。 (マーク・ギルバート)

(マーク・ギルバート氏は、ブルームバーグ・ニュースのロンド ン支局長でコラムニストです。コラムの内容は同氏自身の見解です)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE