NY金:続伸、ドル先安感根強く朝安から反転-終値1141.90ドル

ニューヨーク金先物相場は続伸。 ドルが下落するとの見方から、投資家の間では代替投資需要が根強い。

この日のドルはユーロに対して一時0.8%値上がりし、これに伴 い金は下落する場面もあった。ドルがその後値上がり分を削ると、金 は買いが優勢となった。前日の金は一時オンス当たり1153.40ドルと、 最高値を更新した。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のトレーダー、 マシュー・ジーマン氏は「持続的なドル上昇を信じている投資家は誰 もいない。ドルが上昇しても金は下げ渋る。これは非常に強気な金相 場を示唆している。市場参加者はさらなる金上昇を望んでいる」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比0.7ドル高の1オンス=1141.90ドルで取引を終了 した。この日の金は一時、1%安まで売り込まれる場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE