フィラデルフィア連銀総裁:インフレ目標はインフレ期待抑制に寄与

フィラデルフィア連銀のプロッサ ー総裁は19日、正式なインフレ目標を設定すれば、中央銀行がインフ レ期待を抑制するのに寄与できるとの見方を示した。

同総裁は、シンガポールでの会議向けの準備原稿で、「現在の金融 危機や、米国など一部の国が示したデフレ懸念を考慮すれば、インフ レ目標の設定は、デフレ期待の出現を防ぐのに寄与するだろう」と指 摘。インフレ目標には「インフレ期待を抑制できず上振れないし下振 れすることから生じるボラティリティ(変動性)を最小化する利点が ある」と説明した。

同総裁は、ニュージーランド(NZ)や韓国、タイ、インドネシ アなど20カ国余りの中銀が物価上昇に備えて明示的なインフレ目標 を採用し、中銀の信頼性を支えていると述べた。米連邦準備制度理事 会(FRB)当局者の大多数は、2%を物価安定にふさわしい水準と みている。

さらに同総裁は、「インフレ目標は、中銀による明確で明示的な 金融目標の公約としての役割を果たすものだ」とした上で、「中銀が低 水準で安定したインフレ率を実現できるという信頼性ないし評判を維 持できない場合、経済の変動性と不安定性が一段と増す可能性が高い」 と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE