バルチック海運指数:1年2カ月ぶり高水準-中国の鉄鉱石需要で

商品運搬コストの指標となるバル チック・ドライ指数が18日、約1年2カ月ぶりの高水準に上昇した。 中国向けの鉄鉱石輸送需要が拡大したことが要因。中国は世界最大の 鉄鉱石消費国。

バルチック取引所によると、同指数は前日比262ポイント(6%) 高の4643ポイントと、2008年9月23日以来の高水準に達した。上昇 率は今年7月15日以降で最大。通常、鉄鉱石を運搬するケープ型のレ ートは8.3%上昇し1日当たり8万8560ドルと、年初来高値まで5.2% に迫った。

英フレート・インベスター・サービシズ(FIS)のブローカー、 アンドルー・ドーソン氏は電子メールで「中国が需要をけん引してお り、太平洋北部地域では石炭や鉄鉱石、穀物の積み荷が増えつつある」 との見方を示した。FISによると、海運市場の堅調さや運搬レート の上昇ペースの速さに船主企業や用船会社は驚いているという。

中国の1-10月の鉄鉱石輸入は5億1510万トンと、08年の合計 を16%上回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE