ロシア株:日中に1年3カ月ぶり高値-原油高好感、年初来121%高

【記者:Ilya Khrennikov】

11月18日(ブルームバーグ):ロシア株式市場では、主要株価指 数のMICEX指数が18日の取引時間中に1年3カ月ぶり高値を付 ける勢いとなった。国際原油価格が一時、1バレル=80ドルを突破し、 世界有数のエネルギー輸出国であるロシアの経済見通しが改善された ことが背景。

石油大手ルクオイルや天然ガスのノバテク、送電独占企業フェデ ラル・グリッドがけん引役となり、30銘柄で構成するMICEX指数 は一時、前日比2.8%高の1391.79と、昨年8月以来の高値を付け た後、1.4%高の1371.82で終了。年初来の上昇率は121%を上回っ た。一方、ドル建てのRTS指数は一時、2.4%高の1508.42まで上 げ、昨年9月8日以来初めて1500の大台を突破した。

モスクワを拠点とする証券会社ルネッサンス・キャピタルのスト ラテジスト、トム・マンディ氏は「原油価格はここしばらくの間、75 -80ドルで値固めする展開となっている。このことは、現在の株価水 準の下支えが十分であることを示唆している」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE