ブラジル株が反落、クレジットカード株の下げ目立つ-レアルも安い

18日のブラジル株式市場 では、指標のボベスパ指数が1年5カ月ぶりの高値から反落し た。バンコ・サンタンデール・ブラジルのクレジットカード市場 への参入計画を受け、レデカードなど大手カード決済処理会社株 が売られた。

10月の米住宅着工件数が4月以来の低水準となり金属価格 が急落したことから、ヴァーレやジェルダウなど資源株も下落し た。同国最大の陸運会社オール・アメリカ・ラティナ・ロジステ ィカは13億レアル(約673億円)相当の転換社債発行が嫌気さ れ、1.6%安。

GAPアセット・マネジメントで18億ドル相当の運用に携 わるカルロス・カマショ氏は「住宅着工など米経済指標はあまり 魅力的な数字ではなく、一部の投資家を失望させた」と述べ、 「しかもボベスパ指数は今月既に10%近く上昇している。これ はかなり良いリターンだ」と指摘した。

ボベスパ指数は前日比1.3%安の66515.66。この日の下げ を受け、今月の上昇率は8.1%に縮小した。通貨レアルは0.8% 安の1ドル=1.7255レアル。ヴァーレは2.3%安の42.30レア ル。ジェルダウは1.3%安。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE