NY銅先物:上昇、約1年2カ月ぶり高値-ドル安で商品の魅力高まる

18日のニューヨーク銅先物相 場は約1年2カ月ぶりの高値を付けた。ドルの下落で代替投資先と しての商品の魅力が高まった。

主要6通貨のバスケットに対するドル指数は一時、前日比

0.6%安となった。年初から17日まででは7.3%下落しており、ド ル以外の通貨をベースとした買い手からすると、ドル建てで取引さ れる金属の価格は相対的に下がっている。

T&Kフューチャーズ・アンド・オプションズのマイケル・K・ スミス社長は、「このところはすべてがドルの問題だ」と述べ、「金 利は低水準にとどまる見通しであるため、ドル安は続く見込みだ。 市場関係者は実物資産への投資の分散を試みている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅 先物相場3月限終値は、前日比0.25セント高の1ポンド=3.1355 ドル。一時は3.193ドルと、2008年9月23日以来の高値を付け た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE