米国株、弱気派の割合が03年以来の大幅減-投資情報誌の週間調査

米投資情報誌インベスターズ・イ ンテリジェンス(II)が、11-17日の投資ニュースレターを対象に まとめた米国株の週間センチメント調査の結果は次の通り。テクニカ ルアナリストは、投資家のセンチメントを逆張り指標ととらえており、 弱気派の減少または強気派の増加を、弱気シグナルとみなしている。

S&P500種株価指数は、12年ぶりの安値を記録した3月9日以 降これまでに64%上昇している。「調整」は直近の高値から10%以上 の下落を意味する。

*T ****************************************************

今週 先週 備考 **************************************************** 強気派 46.1% 44.4% 4週間ぶりの増加 弱気派 21.3% 26.7% 2003年以来の大幅減 調整予想派 32.6% 28.9% 1997年9月以来の高水準 **************************************************** ・昨年10月には、強気派の割合が22.2%と、1988年11月以来の低水 準を記録。弱気派は54.4%と、1994年12月以来の高水準に達した。

-- Editors: Eric Martin, Stephen Kleege

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Sapna Maheshwari in New York at +1-212-617-5985 or smaheshwar11@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nick Baker at +1-212-617-5919 or nbaker7@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE