野村HD:ドイツ銀のステック氏と元リーマンのガーニーリー氏を採用

野村ホールディングスはドイ ツ銀行のデービッド・ステック氏と元リーマン・ブラザーズ・ホー ルディングスのマイケル・ガーニーリー氏を米通貨・債券部門で採 用した。

ドイツ銀に11年務めたステック氏は外国為替部門の責任者と なる。ガーニーリー氏は債券調査部門のグローバル責任者に指名さ れた。野村がニューヨークに本拠を置く北米部門は6月以降、米国 の外為チーム構築で35人を増員。同社は既に元ゴールドマン・サ ックス・グループのストラテジスト、ジェンズ・ノードビグ氏を主 要10カ国(G10)通貨のストラテジストに指名している。

野村は昨年リーマンの一部事業を買収した。3月以降の米部門 従業員は約36%増加した。9月に野村入りしたステック氏は「2008 年の不幸な出来事によって、われわれのような新しいプレーヤーに はここで足場を固める大きなチャンスがやってきた」と述べ、「05 年や06年の環境では信じられないほど困難だったが、今では非凡 な才能を持ち経験豊富な人材を集めることができるようになった。 成功の確率はかなり高い」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE