香港株(終了):続落、不動産株が安い-中銀発言で中国のバブル懸念

香港株式相場は続落。中国人民銀 行(中央銀行)貨幣政策委員会の樊綱氏が、中国は不動産と商品市場 のバブルに直面している新興市場国の1つだと発言したことから売り が優勢になった。

香港の不動産開発業者、ハンルン・プロパティーズ(恒隆地産、 101 HK)は3%安。中国建設省傘下の不動産開発会社、中国海外発展 (688 HK)も2.1%下げた。英銀HSBCホールディングス(5 HK) は0.9%下落。同行のスティーブン・グリーン会長が、資本規制の強 化は融資の縮小を招く恐れがあると述べたことが響いた。

米投資家ウォーレン・バフェット氏が出資する中国の電気自動車 メーカー、比亜迪(BYD、1211 HK)は6%の大幅安。チャーダン・ キャピタル・マーケットは電気自動車の市場拡大には何年もかかると して、同銘柄の投資判断を売りとした。

一方、時価総額で世界最大の携帯電話会社、チャイナ・モバイル (中国移動、941 HK)は2.5%上昇。同社の第3世代(3G)携帯電 話サービスの加入者数が年末に、9月末に比べほぼ倍になるとの自社 見通しが材料視された。

ハンセン指数は前日比73.82ポイント(0.3%)安の22840.33。 取引時間中は0.8%高となる場面もあった。ハンセン中国企業株(H 株)指数は前日比0.3%安の13688.01。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE