中国で株式口座の開設増加、相場上昇など材料-B株用は68%増

中国で、株式の取引口座の開設が 人民元建て、外貨建てともに増えている。指標となる株価指数が上値 を伸ばしていることに加え、当局がドル購入の規制を緩めたことが背 景にある。

クリアリングハウス(決済機関)のデータによれば、ドル建ての B株の新規証券口座数は13日に終わった週に1366と、前週比68%増 加した。これは過去3カ月で最大。また人民元建てA株取引用の口座 数も30万4698と、前週の29万9891から増えた。

上海B株指数は先週1週間で14%高と、今年これまでで最も大幅 な上昇率を示した。中国国家外為管理局(SAFE)が外貨両替サー ビスを国内のより多くの機関に認める方針を示したことや、政府があ らためて人民元の上昇を容認するとの見通しが材料となった。

B株は、中国の個人投資家と海外投資家のみが売買でき、上海証 券取引所では米ドル建て、深セン証取では香港ドル建てで取引される。 人民元が米ドルに対して上昇すれば、人民元で表示される株式の価値 は高まる。

先週の口座開設数はA株とB株を合わせると30万6064と、9月 25日に終わった週以来で最大。これで5週連続の増加となった。ただ、 7月には1週間で70万617口座が開設された週もあり、その水準は下 回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE