小川地銀協会長:ゆうちょ銀「政府保有なら不公正」-民業圧迫を懸念

全国地方銀行協会の小川是会長(横 浜銀行頭取)は18日の定例会見で、連立与党・政府が株式売却の凍結法 案を国会に提出したゆうちょ銀行について、「政府出資があるゆうちょ銀 行と民間金融機関の公正な競争条件が確保されるとは言えない」と述べ、 民業圧迫に懸念を表明した。

小川会長は「業務範囲の拡大より規模を縮小するべきだ」と指摘。 その上で「これだけ大きな国を挙げての改革をどういう形にするのか、 一刻も早く国民や金融機関に明らかにしてほしい」と強調した。亀井静 香郵政担当相は、自民党などの前政権が進めていた民営化方針は転換し ながらも、地域での銀行業務強化などに意欲を示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE