米財政赤字、6年以内にGDP比3%に抑制必要-OMB局長

米行政管理予算局(OMB)の オルザグ局長は17日、米政府は財政赤字のGDP(国内総生産)比率 を6年以内に「持続可能な水準」である約3%に抑制する必要がある と述べた。

オルザグ局長はワシントンで開かれた米紙ウォールストリート・ ジャーナル主催の会議で講演し、「財政赤字のGDP比率が今後も上 昇し続けることがないよう2015、16、17年の中期目標として、それを 3%前後に抑える必要がある」と語った。

同局長はまた、2月にオバマ大統領が提示する予算教書の概要い かんによって、自身の評判が左右されることになると付け加えた。

OMBは8月に公表した最新見通しで、15-17年の財政赤字のG DP比を3.9-4%と予測。09年度(08年10月-09年9月)の米財 政赤字はGDPの10%に相当する過去最大の1兆4000億ドルに膨ら んだ。リセッション(景気後退)に伴う税収減や金融機関・自動車メ ーカーの救済、7870億ドル規模の景気対策が財政の急速な悪化を招い た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE