ヘッジファンドのポールソン:BOA株価、11年末までに倍増と予想

資産家ジョン・ポールソン氏が 率いる米ヘッジファンド運営会社ポールソンは投資家向け四半期リポ ートで、米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)について、評価損の 減少に伴い2011年末までに株価が約2倍に上昇するとの見通しを示 した。

ポールソンのリポートは、資産と預金額で米最大の銀行BOAの 株価が11年末までに29.81ドルに上昇する可能性があると予想。 「各銀行は2012年には現在の評価損サイクルを通過、成長の視界が 開けるだろう」と分析した。BOA株の17日終値は15.77ドル。

ポールソンは今年、方針を転換し、住宅金融でも米国最大手の1 社であるBOAに投資。昨年、ポールソンは米住宅市場に逆張りし、 推定25億ドルの利益を上げた。ブルームバーグ・ニュースが入手し た同リポートの写しによると、ボールソンの金融機関の持ち分ではB OAが最大。

290億ドルを運用するポールソン氏は昨年、ヘッジファンドのポ ールソン・リカバリーを創設、住宅ローン評価損計上で財務内容が悪 化した金融機関への投資に乗り出した。当局への届出によると、7- 9月期末時点での同社のBOA持ち株は1億6000万株(時価総額27 億ドル)。

ポールソンの広報担当アーメル・レズリー氏は投資資産に関する コメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE