ゴールドマンとバフェット氏:5億ドルの中小企業支援プログラム設定

米ゴールドマン・サックス・グ ループは、資産家ウォーレン・バフェット氏とともに、米国の中小企 業1万社を支援する5億ドル(約450億円)規模のプログラムを設定 する。

同プログラムは1万社に対し、アドバイスやファイナンス手段な どの支援提供を目指す。ゴールドマンのロイド・ブランクフェイン最 高経営責任者(CEO)は17日の発表文で、「中小企業は米国の雇用 創出と経済成長になくてはならない役割を果たす」とし、「パートナー とともに中小企業主を助ける取り組みに参加できることは喜ばしい」 と表明した。

ブランクフェインCEOはディレクターシップ誌主催の会議で語 り、金融危機につながった一部の活動でゴールドマンが演じた役割に ついて謝罪した。「われわれは明らかに正しくない活動に参加した。遺 憾に思う理由があり、それらについて謝罪する」と述べた。

同CEOは、批判に対応し業界と米国の問題の解決につながるプ ログラムを考えることにしたと説明した。同社の経営陣は「資本を適 切に配分するという世界に対する当社の約束と責務を果たし正しいこ とをするために、そして米国をリセッション(景気後退)から引き上 げ雇用創出に役立つ企業を支援するために、当社が何をするべきかを 考えた」という。

「中小企業1万社イニシアチブ」と銘打ったプログラムは、ブラ ンクフェインCEOとバフェット氏、ハーバード・ビジネス・スクー ルのマイケル・ポーター氏が共同会長を務める諮問委員会が運営する。 委員会には全米コミュニティーカレッジ協会のジョージ・ボッグス会 長や全米独立企業連盟のダン・ダナー会長も加わっている。

プログラムは2億ドルをコミュニティーカレッジなどが実施する 中小企業オーナー向けの研修活動に充てる。ゴールドマンは融資や寄 付で3億ドルを提供する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE