エールフランス:デルタと組んで日航に出資の用意-グルジョンCEO

欧州最大の航空会社、エールフ ランス・KLMグループのピエールアンリ・グルジョン最高経営責任 者(CEO)は18日、経営再建中の日本航空に出資する用意がある ことを明らかにした。エールフランスは米デルタ航空などと組み、米 AMR傘下アメリカン航空と同じ国際航空連合「ワンワールド」に所 属する日航を、航空連合「スカイチーム」に誘致したい考え。

グルジョンCEOはインタビューで、エールフランスは日航に「出 資する用意がある」と語った。その上で具体的な金額への言及は避け、 当面はあくまでも「当社側の申し出」だと説明した。

デルタのエドワード・バスティアン社長は18日、日航をスカイ チームに誘致するため、約10億ドル(約900億円)の支援策を用意 していることを明らかにした。内訳は、デルタを筆頭にスカイチーム と協力して、優先株や普通株などの増資引き受けで5億ドル、資産担 保融資で2億ドル、売り上げ保証で3億ドルなど。

アメリカンと米投資ファンドのTPGは日航をワンワールドに引 き留めるため、1300億円規模の出資を提案する可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE