三菱UFJ、米モルガン:国内証券統合枠組み見直しへ-読売

読売新聞(電子版)は18日、三菱 UFJフィナンシャル・グループと米金融大手モルガン・スタンレーが 日本国内の証券子会社の統合に関する枠組みを見直す方針を固めたと報 じた。全面統合は取りやめ、米モルガンの日本法人、モルガン・スタン レー証券の一部を残して三菱UFJも一部出資するという。18日に発表 すると読売は伝えている。情報源は示していない。

報道によると、モルガン・スタンレー証券の大半の業務は三菱 UFJ証券と統合し、新会社「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」 に移行。新会社の出資比率は予定通り、三菱UFJが6割、米モルガン が4割とする。統合の時期は予定の来年3月末より先になる見込みだと いう。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE