ロマー米CEA委員長:米経済は着実に成長する-急回復は見込めず

米大統領経済諮問委員会(CEA) のロマー委員長は17日、米経済は着実に成長するが、リセッション(景 気後退)から急回復することはないとの見通しを示した。

ロマー委員長は米紙ウォールストリート・ジャーナルがワシント ンで主催した会議で、「米経済がある程度、再び成長しているという事 実は良いニュースだ」と指摘。景気が来年回復するなかで成長率は2 -3%になるとさまざまな見通しで示唆されていると述べた。同時に、 「急回復ではなく、着実な成長」が現時点での最善の見通しだと語っ た。

また、企業はこれまで経験したショックにより、採用に「やや消 極的」になっているとも分析。「景気回復が根付いていることへの信頼 が若干高まれば、労働力の必要性が認識されるだろう」と語った。

さらにロマー委員長は、企業が雇用への消極的姿勢を克服するこ とを促すため、オバマ政権は自らが実施可能な措置を検討していると 説明。採用を増やした企業への税額控除は「必ず高い注目を集め、メ ディアで大きく取り上げられる構想の1つだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE