米ゴールドマンCEO:金融危機をもたらした責任、遺憾の意を表明

米金融大手ゴールドマン・サッ クス・グループのロイド・ブランクフェイン最高経営責任者(CE O)は17日、同社が関わった活動が金融危機につながったことについ て遺憾の意を表明した。

ブランクフェインCEOはニューヨークで開催された会議で「当 社は明らかに間違ったことに関与した。後悔してしかるべきだ」とし、 「当社として遺憾に思う」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE