サックス、ターゲット:8-10月決算予想上回るも、慎重姿勢崩さず

、高級百貨店サックスとディス カウントストア2位のターゲットの8-10月(第3四半期)決算は、 いずれも利益がアナリスト予想を上回った。両社はただ、消費者の需 要について慎重姿勢を崩していないとの見解を示した

サックスが発表した第3四半期決算は1株当たり利益が1セント と、予想に反し約1年ぶりに黒字に転換した。販売の落ち込みを在庫 と費用の削減で補った。アナリストの予想平均は11セントの赤字とな っていた。ターゲットの第3四半期決算はアナリスト予想を上回る 18%の増益となった。

ロッチデール・インベストメント・マネジメントのファンドマネ ジャー、デービッド・アベラ氏は、「小売企業の業績は全般的に、コ スト削減を通じてアナリスト予想を上回る結果となっている」と指摘。 「販売見通しは依然として厳しいが、少なくとも緩やかに改善しつつ あるという若干の希望はある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE