リッチモンド連銀総裁:景気の弱さに臆せずインフレ抑制を

米リッチモンド連銀のラッカー 総裁は17日、金融政策当局者は経済に利上げをためらわせるような弱 い部分があったとしても、それに動きを縛られてはならないと述べた。

ラッカー総裁はリッチモンドで講演し、「金融引き締めが早過ぎ た場合に、弱くて不均一な現在の景気回復が腰折れする恐れを認識す べきなのは疑う余地がない。しかしインフレの抑制を望むのであれば、 経済の弱い部分に縛られて動きが取れなくなってはならない。景気回 復がかなり進んでも弱さが残る可能性はある」と語った。

同総裁は来年の米経済見通しについて、労働市場が「極めて弱 い」中でも、「適度なペース」で成長するだろうと語った。バーナン キ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は16日、銀行融資の縮小と低 迷する労働市場という経済の「向かい風」が、米国の景気回復ペース を抑制することになるだろうとの見解を示している。

ラッカー総裁は、「金融支援策をどの時点で解除し始めなくては ならないかを判断する際、まだ特に強い景気回復ではなくとも、十分 に力強くしっかりと確立した経済成長が達成された時期を見極めてい くことになろう」と語った。

同総裁は講演後記者団に対し、バーナンキ議長の見解とは「大き な差異」はないと述べ、長期にわたる低金利政策に「具体的な時間 枠」は設けていないと付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE