10月米PPI:0.3%上昇,予想より小幅-コア0.6%低下

米労働省が17日に発表した10 月の生産者物価指数(PPI)全完成品は前月比0.3%上昇した。伸 び率はブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値 の0.5%より小幅だった。9月は0.6%低下。

食品とエネルギーを除いたコア指数は0.6%低下(前月は0.1% 低下)と、06年7月以来最大の落ち込みとなった。市場予想は

0.1%上昇だった。

10月のPPIは前年同月比では1.9%低下。コア指数は0.7%上 昇と、04年3月以来最小の伸びにとどまった。

項目別にみると、食品価格とエネルギー価格がいずれも前月比

1.6%上昇した。前月はそれぞれ0.1%と2.4%低下していた。

一方、ライトトラックの価格は5.2%低下(前月は1.4%低下)、 乗用車は0.5%低下(前月は1.0%上昇)し、全体を押し下げた。

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルのエコノミス ト、ザック・パンドル氏(ニューヨーク在勤)は「最終需要が弱く価 格圧力も抑制されていることから、コアインフレが上向く理由は何も ない」と指摘。コア指数の前年比での緩やかな伸びは「FRBが求め ているものに近い結果だろう」と述べた。

ックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE