ECBのメルシュ氏:経済危機で金融システム見直しが一段と必要に

欧州中央銀行(ECB)の政 策委員会メンバー、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁は17日、世 界的な経済危機が金融システムをあらためて見直す必要性を高めたと の見解を述べた。

メルシュ総裁はブリュッセルで開かれた行事に出席。講演原稿 によると、「世界的な金融・経済危機に対し、各国政府や中銀はこれ までに効果的な対応を取り、金融機関の財務状況の安定化や資金不足 の緩和に寄与してきた。しかしながら、前例のない今回の危機は、経 済・金融の仕組みについて考え直す必要性を高めた」と語り、「今回 の危機は一部の人に対し、市場原理に基づく経済や行動から脱却し、 持続可能な価値創造を促す倫理的で人間主義の価値を探求するよう示 唆した」と述べた。

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE