6カ月物ドル建てLIBOR、16年ぶりに円建て金利下回る

17日のロンドン銀行間市場で、 6カ月物ドル建て金利が1993年以来初めて円建て金利を下回った。 米政策金利の低水準が長期化するとの見通しがドル建て金利低下につ ながった。

英国銀行協会(BBA)によれば、6カ月物ドル建てロンドン銀 行間取引金利(LIBOR)は前日から1ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下し0.506%。円建ては0.516%。

6カ月物金利の低下で、キャリートレードでの調達に利用できる 米資産の幅が広がった。米国の事実上のゼロ金利政策を受け、ドルは 今年、円に代わってキャリートレードの調達通貨としての人気を集め ている。

コメルツ銀行の為替ストラテジスト、アンチェ・プレフケ氏は 「低金利のおかげでドルはキャリートレードの調達通貨の主役の1つ だ。ドル安傾向のため、二重に有利だ」と解説した。さらに、バーナ ンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が「低金利の長期化を示唆 したことはドル建てLIBORを押し下げるとともにドル相場への圧 力が続くことを意味する」と述べた。

バーナンキ議長は16日、米経済は成長ペースを抑制する逆風に 直面していると語り、低金利の長期化を示唆した。経済は「なお重大 な試練に直面している」との認識を示した。

仏銀クレディ・アグリコル傘下のカリヨンの債券ストラテジー責 任者、デービッド・キーブル氏は「市場は低金利の一段の長期化を示 唆するFRB発言を若干注意して聞くようになった」とし、「3カ月 物金利はほぼゼロなので、投資家の関心は短期物を離れて長期へと向 かっている」と話した。

3カ月物金利では8月24日にドル建てが円建てを下回った。4 カ月物は9月7日、5カ月物は10月29日にドル建て金利が円建て を下回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE