台湾中銀:米ドル買いの市場介入実施-台湾ドルは1カ月半ぶり高値

台湾中央銀行が台湾ドルの上 昇を抑えるため市場介入を実施したと、中銀業務に詳しいトレーダー 2人が明らかにした。

台湾ドルは米ドルに対し約1カ月半ぶりの高値となっている。 トレーダーらは匿名を条件に、中銀が米ドル買い・台湾ドル売りを実 施したと述べた。

台北フォレックスによれば、台湾ドルは台北時間17日午後4時 (日本時間同5時)現在、0.3%高の1米ドル=32.109台湾ドルと、 10月1日以来の高値。台湾と中国は16日、金融機関の相互参入に つながる覚書に調印した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE