米大統領:世界的課題で米中の役割重要-北京で共同会見(Update1)

オバマ米大統領は17日、イラ ンと北朝鮮の核開発への対応から気候変動といった世界の戦略的課題 で、米国とともに中国が極めて重要な役割を演じるとの認識を示した。

中国を訪れているオバマ大統領と中国の胡錦濤国家主席は北京 の人民大会堂で首脳会談を行い、その後の共同記者会見で、両国政府 が協力関係を深めると表明。大統領は「気候変動から核拡散、景気回 復といった21世紀の主要な課題は、両国に影響を及ぼす課題であり、 どちらの国が単独で行動しても解決できない課題だ」と述べた。

胡主席は世界の安定に重要な「幅広い利益」を両国が共有して いるということを認めると言明した上で、特に経済と朝鮮半島情勢、 気候変動を共通の利益として挙げた。胡主席はまた、両国が「貿易摩 擦」を和らげるよう協力すると説明、「保護貿易主義に反対し拒否す る必要がある」と付け加えた。

北朝鮮の核問題を扱う6カ国協議について、オバマ大統領は中 国が北朝鮮の協議復帰に向け取り組んでいることに触れ、胡主席に謝 意を示した。大統領は「6カ国協議をできるだけ早期に再開する重要 性で一致した」とし、北朝鮮にはさらなる孤立や挑発か、「国民の生 活を向上させることができる」よう国際社会の完全な一員になる選択 肢があると語った。

両首脳はイランの核開発では、同国政府が核計画について、平 和的なものであることを示す明確かつ検証可能な保証を提供すること が必要だとの認識で一致。大統領は、イランが「この機会を生かすこ とができなければ、重大な結果が待ち受けているだろう」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE