中国株(終了):続伸、銀行株が高い-中台金融業界の相互協力合意で

中国株式市場では、上海総合指数 が3日営業日続伸。銀行株が上昇をけん引した。中国と台湾が金融機 関の相互参入につながる覚書に調印したことが好感された。一方、消 費関連株はここ最近の上昇は行き過ぎとの警戒感から値下がりした。

国内銀行大手の中国建設銀行(601939 CH)は1.8%高、中信銀行 (Citic銀行、601998 CH)は3.1%値上がりした。一方、年初来 上昇率が4倍を超えている国内自動車最大手の上海汽車集団(SAI Cモーター、600104 CH)は2.1%安。国内最大の家電メーカー、海爾 集団(ハイアールグループ)傘下の青島海爾(600690 CH)も2.1%下 落した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は前日比7.84ポイント(0.2%)高の3282.89と、 8月6日以来の高値水準で終了。上海、深セン両証取のA株に連動し ているCSI300指数は同0.1%高の3628.35。

交通銀行シュローダー・ファンド・マネジメントのポートフォリ オマネジャー、ミッシェル・チ氏(上海在勤)は「一部の業種は短期 的に上昇し過ぎたが、全般的に市場は健全のようだ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE