台湾の銀行、中国市場への進出を積極化-国泰や兆豊が主導

台湾最大の上場金融サービス会 社、国泰金控(台北)などの台湾の銀行は、中台当局が金融市場の規 制緩和で合意したのを受け、中国本土での事業拡張を加速する計画だ。

国泰金控は16日、60日以内に発効する覚書に署名、中国の駐在 事務所を支店に格上げすることを検討する。陳祖培社長が17日、電 話インタビューで明らかにした。兆豊金控の広報担当の林瑞雲氏によ ると、同社も中国東部・蘇州の駐在事務所を支店に格上げする計画。

中台金融当局は、双方の銀行、証券会社、保険会社間の投資に 対する規制を緩和することで合意。より広範な経済協定の締結に道筋 をつけた。中国銀行と中国工商銀行も、本土の銀行の先陣を切って台 湾に支店を開設したい考えだ。

兆豊金控の林氏は「当社は台湾市場での利益率が縮小する中、 成長潜在性の高い中国市場への参入機会を得たことにとても興奮して いる」と説明。「台湾の銀行業界は中国より小規模かつ細分化されて いるので、中国の銀行にとって台湾市場への参入は象徴的な意味合い が強い」と付け加えた。

-- Editors: Chitra Somayaji, Brett Miller

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Janet Ong in Taipei at +866-2-7719-1542 or jong3@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE