中国の環境関連株は一段高も、オバマ訪中で再注目-スプリングス

オバマ米大統領の初の中国訪問が、 中国のクリーンエネルギー関連企業の株価を一段と押し上げる可能性 があると、北京に拠点を置く投資会社スプリングス・キャピタルが17 日に指摘した。同大統領が環境問題に重点的に取り組んでいることか ら、関連業界への注目が高まるとしている。

スプリングス・キャピタルのシニアポートフォリオマネジャー、 ジェニー・ティアン氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビュ ーで、気候変動はオバマ大統領訪中時の「最重要問題の一つ」と述べ た。

ティアン氏は、「クリーンテクノロジー(技術)と代替エネルギー 業界の株価は、今年これまでに大幅上昇したが、オバマ大統領の訪中 は間違いなくクリーンテクノロジー業界への人々の関心を再び高める だろう」と語った。

同氏はまた、世界経済の回復が安定するか、対米貿易黒字が「持 続不可能の」水準に達するまで、中国が人民元政策を変更することは ないとの考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE