藤井氏:事柄によっては数字の減額も-来年度予算でのマニフェスト

藤井裕久財務相は17日の衆院財務金 融委員会で、マニフェスト(政権公約)で来年度に実施予定としている 事業について「数字そのものよりも事柄が問題だ。事柄によっては、実 施はするが、数字を減らせるかもしれない」と述べ、マニフェストを実 行するものの、一部は減額せざるを得ないとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE