10月の米鉱工業生産は上昇、製造業主導の景気回復を示唆か-BN調査

米連邦準備制度理事会(FRB) が17日に発表する10月の鉱工業生産指数は、4カ月連続で上昇した もようだ。製造業が景気回復のけん引役であることが示されるとエコ ノミストらはみている。

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関75社を対象に実施 した調査の中央値では、10月の鉱工業生産指数は前月比0.4%上昇が 見込まれる。9月は同0.7%上昇した。また、10月の鉱工業設備稼働 率も4カ月連続での伸びが予想される。6月は過去最低だった。

ウェルズ・ファーゴ証券のエコノミスト、ティム・クインラン氏 は「より正常な事業環境に徐々に戻るなか、在庫の大幅減少後は生産 を拡大させる必要がある」と指摘。「製造業の回復は緩慢だが、それで も回復している」と語った。

鉱工業生産指数は午前9時15分(ワシントン時間、以下同じ) に発表される。予想レンジは0.3%低下-1.2%上昇。製造業は米国 内総生産(GDP)の約12%を占める。10月の設備稼働率は70.8% (67社の中央値)と、今年1月以来の高水準が見込まれる。

米労働省が午前8時半に発表する10月の生産者物価指数(PP I)は、食品とエネルギー価格の上昇を反映し、前月比0.5%上昇(73 社の中央値)が予想される。前年同月比では1.8%低下のもよう。食 品・エネルギーを除いたコア指数は前月比0.1%の上昇(72社の中央 値)となる見込みだ。

-- With assistance from Rachel Layne in Boston and Chris Middleton in Washington. Editors: Vince Golle, Carlos Torres

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Bob Willis in Washington at +1-202-624-1837 or bwillis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE