政府:マニフェスト財源問題で副大臣級チーム設置へ-平野官房長官

政府は、民主党が先の衆院 選マニフェスト(政権公約)で掲げた重要政策の財源問題につ いて検討するための副大臣級チームを近く設置する。平野博文 官房長官が17日午前、閣議後の記者会見で明らかにした。

これに関連し同日付の読売新聞朝刊は、政府が民主党のマ ニフェストで2010年度からの実施を公約した高速道路無料化な ど重要政策の予算規模(7.1兆円)を圧縮する方針を固め、その ための副大臣らによる作業部会を設置すると報じている。

平野氏は重要政策の実施時期を延期する可能性については 「作業チームの推移をみたい。ずらすというよりも具体的にどうや るのかということだ」と語った。その上で、7.1兆円の圧縮につい ては「聞いていない」と述べた。

作業チーム設置の目的に関しては「国民に約束してきたこと をどう具体的に財源として確立していくかがポイントになってく る。こういうことの作業を具体的に実務として進めていくチームは 作らなければならない」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE