米バークシャー:エクソン、ネスレなどの株式を保有

米著名投資家で資産家のウ ォーレン・バフェット氏率いる米保険・投資会社バークシャー・ハサ ウェイは16日、米石油大手エクソンモービルとスイスのネスレ、米 廃棄物処理会社リパブリック・サービシズ、米保険トラベラーズの株 式を保有していることを明らかにした。

監督当局への届け出によれば、9月30日時点のエクソンの保 有株数は約128万株。時価総額は約8760万ドル(約78億円)だ った。米小売業最大手ウォルマート・ストアーズの株式保有は6月 30日時点(1990万株)から90%増やして3780万株とした。

ネスレの米国預託証券(ADR)は340万。リパブリックは 363万株、トラベラーズは約2万7000株をそれぞれ保有していた。

ジャニー・モンゴメリー・スコット傘下、ランジェン・マクア レニーのアナリスト、ポール・ハワード氏は「景気回復に伴い、石油 需要は確実に増加するだろう」と分析。石油事業とエクソンの市場シ ェアを見据え、「バフェット氏は来四半期ではなく、次の10、20、 30年に向けた投資を志している」と話した。

バフェット氏の株式選好は、同氏の投資戦略についてヒントを 求める投資信託や個人投資家から注目されている。別の報告書によれ ば、バークシャーは今年7-9月(第3四半期)に約22億3000 万ドル相当の株式を取得し、その規模は過去1年間で最大だった。同 社は今月、米鉄道会社バーリントン・ノーザン・サンタフェの株式の うち未保有の77.4%を260億ドルで取得することで合意した。

バフェット氏は先週、ニューヨークで開かれたフォーラムで、 リセッション(景気後退)を考慮すれば株式相場の上昇は本来あり得 ないかどうかとの質問に対し、「厳しい市場環境や悪い経済状況はあ なたの味方だ」と指摘。「現在の景気動向だけを見て株式の売買を決 めるのはとんでもない間違いだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE