ブラジル株が4週間ぶり高値、商品相場上昇や雇用の伸び加速で

16日のブラジル株式相場は4 週間ぶりの高値に上昇した。商品価格の上昇や、ブラジルの10月の 雇用がアナリスト予想を上回る伸びとなったのを受け、景気拡大の加 速期待が強まった。

鉄鋼メーカーのコンパニア・シデルルジカ・ナシオナル(CS N)は3%強上昇。アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議 が景気刺激策の維持を約束したのを受け鉄鋼価格が上昇した。2010 年の国内総生産(GDP)が5%増となるとのアナリスト予想を受け、 ブラジルで株式公開する衣料小売り会社最大手のロジャス・レナーは 1年5カ月ぶり高値を付けた。

サフディ・プライベート・バンキングの運用担当者オタビノ・ビ エイラ氏は「海外などの経済指標は改善を見せており、経済成長見通 しを後押ししている」と述べ、「アジアの成長見通しや中国の鉱石需 要はブラジルの鉄鋼・鉱山業界を支援している」と指摘した。

ブラジル株の指標のボベスパ指数は前週末比2%高の66627.10 と、10月19日以来の高値。BM&Fボベスパ小型株指数は2%高。 通貨レアルは0.6%高の1ドル=1.7122レアル。

中南米最大の鉄鋼メーカー、ジェルダウは2.2%高。鉄鉱石生産 で世界最大手のヴァーレはサンタンデール銀行による株価予想の引き 上げを受け、3.8%高の42.64レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE