東急:日航株売却へ、「相乗効果なし」と判断-共同通信

共同通信は17日、日本航空の筆頭株 主である東京急行電鉄が、保有する日航株を売却する方向で調整してい ると報じた。東急は鉄道や不動産などに経営資源を集中しており、日航 株の保有は「(事業への)相乗効果がない」(幹部)と判断したとい う。

報道によると、売却の時期や方法、規模は不明。東急は今年9月末 時点で、日航の普通株約8042万株、発行済み株式総数の2.94%を保 有。2002年に日航と経営統合した日本エアシステム(JAS)の筆頭株 主だった経緯で、大株主となっていたと共同は伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE