米スリーコムのオプション取引、SECが調査-HP買収発表前に急増

米ネットワーク機器メーカー、 スリーコム株式のコールオプション(買う権利)の取引が、ヒューレ ット・パッカード(HP)による買収計画の発表4時間前に急増した ことをめぐって、米証券取引委員会(SEC)が調査に乗り出した。 事情に詳しい関係者が明らかにした。

スリーコムのコールオプション取引は11日、26カ月ぶりの高水 準となった。同日の通常取引終了後にヒューレット・パッカードによ る27億ドル(約2400億円)でのスリーコム買収が発表された。この 調査が非公開との理由で関係者が匿名で語ったところによると、SE Cはこの買収計画に関する事前情報を悪用した不正な利益獲得がなか ったか調査している。

ウェイン州立大学(ミシガン州デトロイト)の法学教授でSEC の顧問弁護士を務めた経歴のあるピーター・ヘニング氏は「SECに 対しインサイダー取引であると叫んでいるようなものだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE