ECBノボトニー氏:1年物入札の条件未定、景気見通し踏まえ協議へ

欧州中央銀行(ECB)政策 委員会メンバー、オーストリア中銀のノボトニー総裁は16日、ウィ ーンでの会議で、次回12月の1年物資金入札の条件は未定で、最新 の景気予想を踏まえて12月に協議すると語った。

ノボトニー総裁は、「ECBは12月にもう一度1年物資金入札 を実施するが、条件は決まっていない。景気見通しを踏まえて決定す る」と述べた。「詳細は12月に入ってから協議する」とした上で、 「市中銀行は何が合理的かを分かっていると理解している。この入札 についてECBは景気見通も考慮する」と語った。

成長見通しについては、「最新のECB予想が発表されるのは 12月だ。第3、4四半期は大半の国で成長が予想以上に良好だった。 これはECB予想にも反映されるだろう。予想はまだ作成中のため詳 しいことは言えない」と述べた。

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Jana Randow in Frankfurt at +49-69-92041-206 or jrandow@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Zoe Schneeweiss at +43-1-513-2660-13 or zschneeweiss@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE