ストロスカーンIMF専務理事:世界の景気見通しは依然不透明

国際通貨基金(IMF)のスト ロスカーン専務理事は16日、世界の景気見通しは引き続き不透明だ との認識を示した。

同専務理事は北京でのイベントで、経済成長が回復しつつある一 方、各国政府が景気刺激策を引き揚げるのは時期尚早だと指摘。欧米 では金融危機のリスクが残っていると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE