ECBウェーバー氏:緊急措置引き揚げの時期を逸すれば一段の混乱も

欧州中央銀行(ECB)政策 委員会メンバー、ウェーバー独連銀総裁は16日、景気刺激に向けた 財政・金融面での緊急措置の引き揚げで適切な時期を逸すれば、一段 の混乱を招く恐れがあるとの見解を示した。

同総裁はフランクフルトで、緊急策からの「脱却を準備し始め る」必要があると述べ、「脱却の適切な時期を逸すれば、新たなゆが みが生じるリスクがある」と語った。

ウェーバー総裁はまた、安定は「金融市場ないし経済にとって持 続的な回復を意味しない」と指摘。さらに、当局者は慎重な姿勢を維 持し、「あらゆるリスクを監視する」必要があると付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE